葬儀に関するサイトfuneralservice

葬儀の種類

あなたがこれから、葬儀に参列する場合、最低でも知っておかなければならないことのひとつとして「葬儀の種類」があります。東京や埼玉であれ葬儀はどの地域も一般的には種類は一緒です。亡くなられた人、もしくは喪主(遺族)がどの宗教の宗派かにより、もちろん葬儀の形式が違ってきます。そこでこのページでは、現在私たちが住んでいるここ日本で実施されている葬儀の種類についてお話していこうと思います。もちろん、参列者の際は葬儀の流れについてあまり詳しく知っておく必要はないのですが、最低限のことを知っておけば損はしません。

いろいろな葬儀

仏式葬儀

現在の日本で一番多く行われている葬儀がこの「仏式葬儀」です。宗派によって少しずつ違いはありますがあるようですが、仏式葬儀の流れをまとめられています。

神式葬儀「葬場祭(又は神葬祭とも言う)」

神式の場合では、通夜のことを「通夜祭」、葬儀のことを「葬場祭(神葬祭)」と呼んでいます。現在の日本では仏式葬儀の次に多く行われている葬儀と言えるでしょう。なお、葬場祭は仏式葬儀の告別式と葬儀の両方を兼ねています。

社葬

社葬というのは、会社の創業者、または会長、社長、さらには殉職した社員や、多大な功績を残した社員の人間が亡くなった場合に行う葬儀のことを言います。基本的に会社が費用を負担して、主催していき遺族と会社が協力し合って葬儀を行っていきます。

本葬

本葬というのは、密葬を行った後に行う葬儀のことを言います。社葬などのように大規模な葬儀を行う場合にはまずはじめに密葬を行ってからその後に本葬である社葬を行うというのが一般的になっています。

密葬

密葬というのは、宗教などとは全く関係がなく、後日、「社葬または、団体葬、本葬」を行う際や、遺族の事情、故人の遺言などにより、一般の参列者を呼ばずに、遺族のみ、又は、亡くなった人と特に親しい関係にあった人などと、ごく少数の者で行う葬儀のことを言います。

家族葬

家族葬というのは、その名の通りに家族または、なくなった方と特に親しい関係の人だけが参列し、一般の参列者を全く呼ばないと行った葬儀と言えるでしょう。

生前葬

生前葬というのは、その名の通り、本人がまだ生存している間に自分が主催者となって行う葬儀または告別式のことを言います。

キリスト教式葬儀

キリスト教式葬儀は、もちろん、宗派や教会などによって葬儀の流れは少しずつ違ってきます。

無宗教葬儀(自由葬とも言います)

無宗教葬儀(自由葬)とは、その名の通り、特定の宗教や宗派に捉われない葬儀のことを言います。「僧侶、神官、牧師、神父」などの宗教者を依頼せずに、自由な形式で葬儀が行われていきます。

個人葬

個人葬というのは、親族が亡くなった際に、遺族が行う葬儀のことです。喪主と施主は遺族の代表者、いわゆる、故人の配偶者又は子供(長男・長女)」が務めるのが基本的と言えるでしょう。

自然葬

自然葬というのは、海や山などの自然の場所へ散骨する埋葬方法のことを言います。宗教や宗派に全く関係がなく葬儀が行われています。また、近年は故人が遺言書などにより、亡くなった後は「自然に還りたい」という希望を残すことも多くなっていて、方法として自然葬を希望する方も増加しつつあるようです。

市民葬・区民葬

市民葬・区民葬というのは、故人、もしくは喪がその自治体に居住している際に利用することが可能な葬儀のことを言います。自治体(市や区など)が葬儀業者に委託し、必要最低限の葬儀を低価格で実施することが可能になります。


copy