葬儀に関するサイトfuneralservice

臨終から納棺までの流れ

まずは葬儀社に連絡を

病院で息を引き取った場合は、医師が側についており御臨終を伝えてくれます。しかし、それ以外自宅などで息を引きとった際は、すぐにかかりつけの医師を呼んで確認してもらいましょう。その後葬儀の準備を始めていきます。葬儀の手順などは分からないことだらけで、不慣れな人がほとんどでしょうから、まずは葬儀社に連絡をしてから、来てもらうのが一番良い方法だと思います。

そして、身内への不幸の連絡や故人と親しかった人たちへの連絡は、自分たちで行っていきます。
特に故人がまだ会社勤めで現役の場合なら、すぐに会社に連絡をして協力を仰ぐことも忘れないで下さい。そして、伝達役を頼めるような方であれば、ぜひお願いしましょう。
故人の身体を清める湯灌なども、病院で息を引き取った際なら、病院側でしっかり行ってくれるそうです。また、病院で亡くなった際は、この時点で入院費などの医療費用をすべて支払っておきましょう。



葬儀社の選び方と重要ポイント

葬儀社の選び方


普段から互助会などに加入している方は、その会に連絡さえすれば指定の葬儀社が来てくれます。葬儀を自宅でしない際なども、互助会で使用できる会場が用意されているようです。加入していない場合でも、病院等でも紹介をうけることが可能ですし、地域の区役所や市役所に問い合わせればきちんと紹介を受けることができるでしょう。また、その他にも、電話帳やインターネットなどで探すなど方法はいくらでもあります。

葬儀社との確認ポイント


葬儀社が決まって実際の打ち合わせに入ると同様に、住職に来てもらい故人の枕辺でお経を唱えて貰います。日常的に檀家寺があれば良いのですが、日頃お寺とまったく付き合いがないという場合には、自分の家はどんな宗派で、同じ宗派のお寺が近所にあるかどうかをまず調べる事から始めます。近年、自宅で葬儀を行うというケースが減ってきているようです。まず、葬儀をどこで行うのか、お寺を借りて行うのであれば住職いる間にお話ししておくことをお勧めします。

葬儀社と決めること


葬儀には、祭壇の数などにより、様々な価格設定が存在しています。後々トラブルが起こらないためにも、自分たちがどの程度の葬儀を希望しているかを明確にして、伝える必要があるでしょう。
また、葬儀の日取りは檀家寺や火葬場の日程などを確認した上で、調整しながら決定します。その事も葬儀社ときちんと連携を取り合い決定しましょう。
告別式を年末年始や、火葬場が混み合っている日などにより、すぐには葬儀が行えないということも考えられます。その際の故人の遺体の保全方法なども葬儀社としっかり打ち合わせておくと安心でしょう。

湯灌について


病院で息を引き取った場合でしたら、「末期の水」と「清拭」と言われる作業は病院側でしっかり行ってくれます。そして、その後の身を清めるといった「湯灌」、「装束の着替え」、「お化粧」は自分たちで行うこともあるようですが、葬儀社に依頼することも可能でしょう。基本的に衣装は白装束とされていますが、最近の傾向として故人が存命中に好んで衣服を着せてあげるといったケースも少なくありません。

死亡診断書と火埋葬許可証の受給について

身内の人が亡くなられた後に、まず、遺族が行う必要がある手続きがあります。死亡診断書は故人を診断し死を確認した医師が記入します。これをもらい各地域の市役所に死亡届を提出しましょう。死亡届には、所定の用紙がおいてありますから、それに記入すると良いでしょう。また、死亡診断書は死亡してから7日以内に提出しなければいけないのですが、この届に限ってのみ役所は休日でも受け付けをおこなってくれます。ですから遠隔地でない限りは、同日に提出しておきたいものです。
そして、死因が、病死の場合や加齢死の場合でしたら問題ないのですが、事故死などの変死の際には、所轄の警察署に連絡をしてから、死体検案書を発行してもらう事が必要になるでしょう。この際には、届出の時に、本人が直接行く場合は本人の印鑑を持参し、代行する際は代行する人の印鑑が必要になります。死亡届を出す際には忘れずに火葬許可証も申請しておきましょう。この許可証がないと火葬場で申し込みを受け付けてくれません。火葬場でこれを提出しますと必要事項を向こうが記入してくれますので、これが埋葬許可証となります。そしてこの埋葬許可証は再発行ができませんから、大切に保管しておきましょう。


その他の注意事項

故人と生前に関わりのあった方が、亡くなられたという報せを聞き弔問に訪れてくれます。故人の社会的な地位により、その晩が盛大な集まりになる可能性もあるでしょう。あらかじめ弔問客への対応の事も頭に入れておくと良いでしょう。

copy