葬儀に関するサイトfuneralservice

葬儀の基礎知識

香典袋の表書き

香典袋の表書きの際にすごく悩む人が多いのではないでしょうか。ちなみに「御霊前」がどの宗教、宗派でも関係なく使用できるというような話がありますが、宗教、宗派によって多種多様な理由から違いがあると言われています。しかし、実際に弔問する喪家の宗教や宗派を確認して対応すると言うことが不可能ですから、この場合自身の宗教や宗派に合わせて表書きをすれば良いでしょう。

一般的な宗教・宗派ごとの表書きをご紹介します。


仏教

一般的な仏式 (四十九日まで)「御霊前」
一般的な仏式 (四十九日後)「御仏前」

浄土真宗の場合、御霊前は間違っているという意見があるようです。亡くなった人は、即浄土に往生したのであって「霊」というものを認めていませんので御霊前は使用せずに御仏前を用いましょう。

なお、曹洞宗などの禅宗の際は教義に「浄土」がありませんから、「成仏以前」という考えを持ちませんので、御仏前を用いましょう。ちなみに、「御香料」「御香奠」「御香資」の3つは中立的な表現で用いられることが多いとされています。

キリスト教

「御霊前」「御花料」
(カトリックの際は「御霊前」を許容しています。しかし、プロテスタントは否定しています)

神道

「御玉串料」「御榊料」

香典の金額について

香典袋の表書きで悩む方と同様に、金額についても悩んでしまうといった方が多いようです。

香典という言葉の語源は、香を供えるという意味から転じていて、香を買う費用といった意味合いを含んでいるようです。過去に、多額の葬儀にかかる費用に対する相互扶助として位置づけられており、品物を贈るなどした時代も合ったようですが、現在はお金の香典がごく当たり前となっています。

香典の金額の目安としては、故人との関係の深さや、弔問に訪れる人の年齢、そして気持ちなどにより異なってくるでしょう。しかし定められた金額というものがないため、とりあえずの目安として参考にして下さい。

香典金額のめやす

近所の方の場合   3,000円〜5,000円程度
一般の参列者  5,000円〜10,000円程度
故人の関係者     10,000円〜30,000円程度
故人のご親族     10,000円〜30,000円程度
故人のご家族     50,000円〜100,000円程度

また、各地域によって、1000円や2000円と言う風に金額をあらかじめ決めている場合もあります。以前は、仏事に偶数は使用しないとされてきましたが、最近は2,000円も用いられるようになりました。

お布施について

お布施とは、僧侶へ読経、または、戒名を頂いたお礼の印としてお渡しするお金になっています。
読経料や戒名料という呼び名は存在しません。

まず、「御布施」と表書きをし、半紙に包む、もしくは白封筒に入れます。(水引は掛けないこと)その際、相手の方にも不幸があったわけではないですから、不祝儀袋は使用してはいけません。
また、お渡しする場合は、直接渡すのではなく、菓子折りやお盆などに置いてから渡すのが良いと言われています。気になるお布施の金額については、いろんな説がありますので、一般的な金額というものは存在しません。あくまでも、気持ちが大切と言うことなのです。ですから、見栄を張って無理に大金をお渡しする必要はないと思います。それでも気になる場合は、各お寺ごとに考え方がありますから直接聞いてみても良いのではないでしょうか。葬儀社に手配してもらった僧侶の場合でしたら、その葬儀社に聞いてみるのも良いでしょう。

copy