葬儀に関するサイトfuneralservice

葬儀のこと

私たち人間は、友人や知人、身内の方など親しい人達の「死」は避けて通ることができないのです。人間であれば、誰でもいつかは直面する場面なのです。そしてとても悲しいその出来事は、突然の事故、あるいは病気などで訪れる場合もありますから、いつどこで何時に起こるなどと正確に予想することは不可能なのです。親しくしていた人の突然の「死」によって悲しみに暮れる時間もないまま、更に故人の親族だった際は、分からない葬儀の対応にパタパタしたり・・・。気が付けばいつの間にか葬儀が終わってしまっていたなんてこともよく耳にします。だれでも、突然の不幸というものには弱く、落ち込んでしまう物なのです。だから、なるべく葬式にはあまり携わりたくないと考える方もたくさんいるでしょう。
ですが、万が一、自分の周りの誰かが亡くなってしまった場面に出くわしてしまった時、自分が何をすればいいのか、何をすべきなのか全く分からずに、混乱してしまって右往左往してしまうことは葬儀に関して事前の知識がない人ならしょうがないとはいえ、葬儀の際、故人に対して偲ぶことの他には何もできないと言う状況はよけいに悲しくなってしまいます。
少し前までなら、地域の世話係として認識されている人や、人生の先輩であるご老人の人達などが葬儀に関しての多くの知識と経験があり、万が一、迷った状況になってしまった場合でも、その人達に聞けば知っていますから「なんとかなる」という安心感がありました。ですが、人と人とのつながりが薄くて、疎遠になってきている今、葬儀で問題に直面した際に、どなたに相談していいものかと不安なる人が増加しつつあります。葬儀は埼玉や千葉、大阪に関わらずどこでも方法は同じです。「葬儀で失敗することはだめ!、しかし葬儀の基礎知識は薄く、頼りになる存在も周りにいない・・・」そんな人達の為に少しでも、お役にたてればなと思って葬儀の基礎知識を管理人の私が知っている範囲でお話していこうと思います。葬儀というものは、地域や宗教等によって、その方法や思考などに多少の違いがあると思いますが、一般的な基礎知識、葬儀の流れや服装・マナーなどを身につけてもらえれば光栄です。


突然の訃報・・・そして心構え

人間が亡くなるというケースは、病気、または、事故などといろいろんな状況が要因となりますが、一番多いのは、病気などによって病院で息を引き取る方と言われています。そして、病院で亡くなられた際は、入院費の清算をはじめ、ご遺体の搬送だったり、市役所への死亡届けの提出や親類縁者への報告の連絡、そして葬儀会社の手配などやらなくてはならない事が山ほどあります。そして、特に葬儀の手順について慣れない人にとってはまず何からやればいいのかをしっかりと判断できない状況になってしまう・・・と言う事態がよくあります。もちろん、自分の親しい方が亡くなってしまうのですから、大きな悲しみに襲われいつものような冷静な判断ができないのも無理はありません。ですが、葬儀の際は、無理にまで気持ちを冷静にさせて、テキパキ葬儀を済ます必要はないのです。「急がば回れ」ということわざにもあるように、焦っている場合や、落ち着かない場合だからこそまず、冷静にして、ゆっくり、ひとつずつ物事に対応していくことが大切なのです。

copy